ごあいさつ

株式会社ラインズ・CEO田島俊輔メッセージ

仕事を通じて「幸せの感じ方」を知ってほしい

日本経済は東京オリンピックに向けて右肩上がりだと言われていますが、それが過ぎれば閑散期に突入するでしょう。これはどの業界に限ったことではありません。需要が下がるだけでなく、機械やITの進化によって人がやらなければならない仕事も減っていくでしょう。暗い話だと思うかもしれませんが、景気は巡るものです。
私が社員や派遣スタッフに伝えたいことは、そのような環境になっても腐らず、自分が思い描く将来に向かって誠実に歩んでほしいということです。

私たちは一人ひとりが特別な人間です。当たり前に生きているのではなく、色々な人や要素によって生かされているのです。だからこそ、目的もなく単調に毎日を過ごすのではなく、目標に向かって歩み、幸せの感じ方を知って欲しいのです。

生きているなかで「幸せだ」と漠然とは感じることもありますが、それは結果論であって、意志や想いがあってのことではありません。やはり目標を達成してこそ得られる幸せもあります。社員や派遣スタッフの方々には、仕事を通じてこの幸せの感じ方を掴んでいただければと思っています。

私腹を肥やすのではなく、スタッフの人生を豊かにする企業を目指して

当社のビジネスは「人財ありき」です。そのように謳う企業は数多ありますが、大切なことは社員や派遣スタッフを想う気持ちをいかに体現化できるかだと思います。当社は派遣スタッフの方々が現場で汗水流して働いてくれることで成り立っています。目先の拡大だけを目指すのであれば、利幅を増やさなければなりません。そうなれば派遣スタッフや社員に対する還元は減っていきます。だからこそ、当社は会社の私腹を肥やすような拡大を目指すのではなく、スタッフへの還元を大切にしています。

業界や職種に特化せず、世の中のニーズに柔軟に対応していくことで、安定的に案件を受注していくことができますし、何より活躍してくれているスタッフが最もいきいきと働ける環境を提供することができます。その人の個性や興味を尊重しながら仕事を割り当てることができれば、本人にとってもモチベーションを高く持って働くことができると思います。